• ウォーターサーバーの気になるコスト

    ウォーターサーバー設置を検討する際に、気になるのは月々のコストです。

    ペットボトルのミネラルウォーターを愛飲している人には節約になりますが、水道水をメインにしている人にはコストアップとなります。

    ではウォーターサーバー設置でかかるコストの代表的な物を挙げてみます。

    先ずは月々の水代です。使用料によって変わりますが、1ヶ月に12リットルのボトルを2本から4本が一般家庭の平均消費量とされています。ボトル1本1,000円以下のRO水から1本3,000円以上する天然水まで価格に幅があります。そしてその水を配達してもらう配達料です。

    ロケットニュース24を理解するために必要な基礎知識をわかりやすく紹介します。

    無料配達をしてくれるメーカーもありますが、一定条件を満たしていないと有料配達となるメーカーもあります。

    続いてサーバーのレンタル料金です。


    無料のメーカーもありますが、多くの場合水代が高めに設定されています。

    レンタル料金がかかる物は月々の平均が600円から1,500円位となっています。
    サーバーを設定すれば電気代がかかります。
    これは平均1,000円から1,500円位かかります。



    省エネモード搭載機であれば3分の1くらいに電気代を抑えることができます。

    ウォーターサーバーのメンテナンスについて、無料のメーカーもありますが、その分レンタル料金に含まれています。



    有料のメーカーもあり、1年に1度程度の割合でメンテナンスがあるのでその都度支払いをします。
    メンテナンスは無料でも故障による修理は有料となるケースもありますので、契約前に事前に確認が必要です。